« スポーツのミカタ ウィークリー vol.2 | トップページ | 関東大学リーグ戦 第6週の結果 »

東京都実業団選手権 準決勝の結果

 関東実業団バスケットボール選手権の予選大会も兼ねる東京都実業団バスケットボール選手権で10月11日(土)に準決勝が行われた。

 3連覇を狙う横河電機は終盤になって日本無線に追い上げられるも逃げ切り、3年連続6回目の決勝に進んだ。今年第7回となるこの大会で横河電機が決勝に進めなかったのは4年前の2004年のみ(最終順位は4位)。新生紙パルプ商事も葵企業に力の差を見せ勝利し、2年連続の決勝進出となった。
 最終日10月13日(月・祝)代々木第2体育館で行われる。3位決定戦、決勝戦ともに昨年と同じカードとなった。横河電機が勝てば3年連続4回目、新生紙パルプ商事が勝てば4年ぶり2回目の優勝となる(当時は大倉三幸)。

横河電機 74 ( 22-18  21-9  18-21  13-16 ) 63 日本無線
葵企業 51 ( 14-17  8-12  11-18  18-19 ) 66 新生紙パルプ商事

10月13日(月・祝)
会場:代々木第2体育館(入場料:500円、高校生以下は無料)

 9:30 女子3位決定戦 特別区 vs 丸紅
11:00 男子3位決定戦 日本無線 vs 葵企業

12:30 ミニバスクリニック
講師:薮内夏美氏(元日本代表、WJBL・富士通レッドウェーブアシスタントコーチ)、実技指導:WJBL・富士通レッドウェーブの選手

14:00 女子決勝 三井住友銀行 vs クラヤ三星堂
15:30 男子決勝 横河電機 vs 新生紙パルプ商事

« スポーツのミカタ ウィークリー vol.2 | トップページ | 関東大学リーグ戦 第6週の結果 »

実業団」カテゴリの記事

結果」カテゴリの記事

バスケットボール」カテゴリの記事

東京都実業団選手権2008」カテゴリの記事

カテゴリー