« JBL2 第10週の結果 | トップページ | JBL2 第11週の結果 »

スポーツのミカタ ウィークリー vol.12

目次
★実学オールスター
★JBL2
★JAPAN X BOWL
★オールジャパン

☆実学オールスター 結果はこちら レポートはこちら
 11回目となる関東実業団・関東大学バスケットボールオールスター対抗戦が11月13日(土)、千葉県の浦安市運動公園体育館で行われた。
 今年は各チームのスタートメンバーばかりを揃えた実業団は練習試合を何回か行い調整してきた。対する大学は13チームから選抜されたこともあり、同じチームからの出場がほとんどなく、練習も1日程度。その差が試合開始から出て、序盤で実業団が一気にリードする。第2Pで学生が5人中4人を福大大濠高出身の選手でまとめ追い上げると前半同点で折り返す。しかし後半スタートから気合の入った実業団が再び引き離すと、そのまま勝利。実業団の勝利は7年ぶり3回目となった。
 午前中クリニックの講師を務めた陸川氏(東海大監督)は「今は卒業しても実業団でバスケットを続けたいという希望を持っている選手が多い」と語る。今の社会状況から就職も採用も厳しくなるとの予想もあるだけに、こういうイベントを機会に実業団側も大学側も広がりのある交流につなげていきたいところだ。

☆JBL2 第10週の結果はこちら
 後半戦に入ったJBL2(日本バスケットボールリーグ2部機構)は、先週末に3試合を行った。現在全勝中で1位の豊田通商とまだ勝ち星のない8位のビッグブルーは試合がなかった。
 下位同士とはいえプレイオフ進出に向けて負けられない対戦となった日立電線vs黒田電気は日立電線が第2Pに大きくリードを奪うと、終盤の黒田電気の追い上げをしのぎ勝利した。現在3位の豊田合成と7位のレノヴァの対戦はレノヴァが第4Pに逆転して2勝目を挙げ、豊田合成は痛い星を落とした。上位との対戦が続くこととなる石川は現在2位のアイシン・エイ・ダブリュに敗れた。
 今週末は12月21日(日)に4試合全てが行われる。ここまで豊田合成が連勝している黒田電気vs豊田合成、全勝の豊田通商の後半戦初戦となる石川vs豊田通商、ここまでまだホームで勝ち星のないレノヴァのホームゲームとなるレノヴァvsアイシン・エイ・ダブリュ、そしてビッグブルーvs日立電線の4試合が全て別会場での開催となる。
JBL2-日本バスケットボールリーグ2部機構

☆JAPAN X BOWL
 社会人日本一を決めるJAPAN X BOWLが12月13日(土)、京セラドーム大阪で開催された。
 2年連続でJAPAN X BOWLに進んだパナソニック電工と2年ぶりの鹿島の対戦となった今大会。同じ顔合わせは1997年以来となる。パナソニック電工は2連覇がかかった試合となった。そのパナソニック電工の地元での開催ということもあり、入場者数は1万3千人を超えた。
 第1Qは鹿島のペースで進み、鹿島は14-0とリードする。しかし、第2Qに入ってパナソニック電工のオフェンスに勢いが出る。QB高田がランやパスでつなぐと、RB石野が立て続けにタッチダウンを決め同点、さらに逆転する。後半は膠着状態となるものの、パナソニック電工に絶妙のトリックプレーが出てタッチダウンを決める。そのままパナソニック電工が逃げ切り、2年連続6回目の社会人日本一となった。
 パナソニック電工RB石野がXリーグ2008とJAPAN X BOWLの両方の最優秀選手賞を獲得。また、この日はALL X League Class of 2008も発表され、QBには新人の菅原(オンワードオークス)が選出された。
 社会人日本一となったパナソニック電工は1月3日に東京ドームで行われるRICE BOWLに出場し、学生日本一と2年連続のアメリカンフットボール日本一をかけて戦うこととなる。学生日本一を決める甲子園ボウルは12月21日(日)大阪市の長居陸上競技場で13時キックオフ。3年ぶりに関西を制した立命館大とタイブレイクの末に日本大に勝利した法政大の対戦となった。
日本社会人アメリカンフットボールXリーグ公式サイト
関西学生アメリカンフットボール連盟

☆オールジャパン
 先週、組み合わせも決まり、いよいよ本番モードになりつつあるオールジャパンだが、今週になって出場チームを変更するという発表があった。関東ブロック代表の千葉ピアスアローバジャーズが選手の登録違反が発覚し出場を認められないこととなり、関東総合選手権準優勝の横浜ギガスピリッツが替わって出場することとなった。千葉ピアスアローバジャーズはこの大会に絞ってきただけに、厳しく残念な結果となった。横浜ギガスピリッツは2年ぶり3回目の出場となる。急な決定だが、現在県クラブ選手権も行われており、調整には問題はないだろう。
 現在リーグ戦の最中のJBL・JBL2以外は練習試合など行い本番に備えている。先週末は社会人選手権から出場の横河電機とJR東日本秋田が練習試合を行った。横河電機は初、JR東日本秋田は5年ぶり(2回目)となるオールジャパンに向けて意気込みの見える試合となった。
※両チームのキャプテンの大会に向けてのコメントを掲載予定です。
オールジャパン2009 大会公式サイト

(取材・リサーチ・編集・作成 渡辺美香)

« JBL2 第10週の結果 | トップページ | JBL2 第11週の結果 »

JBL2 2008-2009」カテゴリの記事

バスケットボール」カテゴリの記事

ウィークリー」カテゴリの記事

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

全日本総合選手権2009」カテゴリの記事

カテゴリー