« スポーツのミカタ ウィークリー2010 vol.16 | トップページ | スポーツのミカタ ウィークリー2010 vol.18 »

スポーツのミカタ ウィークリー2010 vol.17

 トピックとして『GERMAN JAPAN BOWL』の結果と関東大学バスケットを取り上げた。実業団チームレポートは第5弾(横河電機)を掲載。

☆トピックス
GERMAN JAPAN BOWL
 アメリカンフットボールの日本代表とドイツ代表の交流戦である『GERMAN JAPAN BOWL』が4月24日(土)にドイツのデュッセンドルフ市で行われた。試合は日本代表チームが第3Qでドイツ代表チームを突き放し、24-14で勝利した。日本代表チームのMVPは2本のタッチダウンを決めたWR木下が選出された。
 5月1日からは『GERMAN JAPAN BOWL』のため例年より開始が遅れていたパールボウルトーナメントがスタートする。また、西地区で開催されるグリーンボウルの日程も発表となった。パールボウルトーナメントの決勝戦『パールボウル』は7月1日(木)に東京ドームで行われる。
社団法人 日本アメリカンフットボール協会
日本社会人アメリカンフットボール Xリーグ公式サイト

関東大学シーズンスタート
 関東大学選手権を前に、関東大学の各種大会がスタートした。4月24日(土)から10校が参加する京王電鉄杯と、地方の大学も参加するTリーグが始まった。京王電鉄杯は関東大学リーグ1部10チーム中8チーム(青山学院大、慶應義塾大、日本大、法政大、中央大、専修大、明治大、拓殖大)と2部の早稲田大、3部の東京大が出場している。4月30日現在3日目までが終了し、青山学院大が6戦全勝でトップ。1日目と2日目は大学選抜チームの強化合宿が行われたため各チームともに主力を欠いたゲームとなった。3日目からは主力も戻り、この後5月1日(コート2面、各チーム2試合ずつ)と、最終日の5月2日(コート1面、各チーム1試合ずつ)とゲームが行われる。Tリーグは関東大学リーグ1部の東海大、筑波大と白鴎大、大東文化大、神奈川大、駒澤大がメインで、日によって立教大や東北学院大が参加する。京王電鉄杯とは違い40分のフルゲームはあまりなく、ほとんどが10分×2のハーフゲームとなっている。現在2日目まで終了し、残り5月1日、2日の2日間となった。
 また、4月29日(木・祝)には代々木第2体育館で日本体育大と筑波大の定期戦、日筑戦が開催された。男女ともに現在リーグも上位である筑波大が力の差を見せ勝利した。日本体育大男子のヘッドコーチには昨シーズンまでJBL・三菱電機ダイヤモンドドルフィンズのヘッドコーチだった藤田氏が就任した。
 関東大学選手権は5月1日から下位トーナメントがスタートし、本戦は5月10日(月)から5月16日(日)まで行われる。
関東大学バスケットボール連盟 公式サイト

☆実業団チームレポート
第5弾:横河電機(東京都)
 昨シーズンも関東実業団リーグ戦、全日本実業団競技大会、全日本社会人選手権、全日本実業団選手権と4冠を取り、オールジャパンにも2年連続出場を果たした横河電機。実業団はもとより社会人の中でも無敵の王者となっている。
 その横河電機が今シーズンも目指すは「オールジャパンで3回戦進出」だと今シーズンからキャプテンとなった田ヶ谷。「どの大会も優勝を目指していきますが、そこで終わりじゃなくて、うちのチームにはオールジャパン3回戦進出という大きな目標がありますから」と現在6連覇、さらにはリーグ戦53連勝も大きなプレッシャーにはならないと言う。「もしも負ける試合があって連勝が途切れたとしても、今のチームは大きく崩れることはないと思っています」。
 4月に入ってからシーズンイン、走り込みを中心に行ってきた練習も徐々にゲームライクなものに変わってきている。「今年のリーグ戦は選手全員でやっていく方針」(田ヶ谷)ということで、これまであまりプレータイムのなかった選手たちも意欲的なプレーを見せていた。中でも2年目の梅田、能登、小林はわずかな休憩中も厳しい練習終了後も元気にシューティングなどをしていた。昨年のリーグ戦ではほとんどプレータイムがなかった梅田は「(神崎)健さんの故障で長崎(全日本実業団選手権)ではプレータイムをたくさんもらえました。リーグ戦も頑張りたいです」と意気込みを語る。全日本実業団選手権を怪我のため出場できなかった能登は「今は120%です。リーグ戦に向けても怪我のないように気をつけて頑張ります」と明るい表情を見せる。
 新人の山田(早稲田大)はチームに入ってすでに1カ月近くたつこともあり、緊張した中にも伸び伸びとしたプレーも見られていた。「大学とは全然違うので大変です。今の自分の売りは“若さ”なので元気のいいプレーをしていきたいです」と笑顔で言う。
 この日の練習は小納真良コーチが不在だったが、チームへの影響力が非常に大きい小納コーチがいると練習の雰囲気は変わってくるのかもしれない。
 7連覇がかかるリーグ戦の初戦は2部から昇格してきた東京電力との対戦となる。
Dsc_0011 Dsc_0061 Dsc_0238 Dsc_0439 Dsc_0589 Dsc_0719
※取材・撮影 2010年4月27日(火)
※日程などの詳細は 関東実業団バスケットボール連盟

取材・リサーチ・写真・編集・作成 渡辺美香

« スポーツのミカタ ウィークリー2010 vol.16 | トップページ | スポーツのミカタ ウィークリー2010 vol.18 »

実業団」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

ウィークリー」カテゴリの記事

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

カテゴリー