« 全日本実業団競技大会2010 組み合わせ発表 | トップページ | スポーツのミカタ ウィークリー2010 vol.34 »

スポーツのミカタ ウィークリー2010 vol.33

 今号では組み合わせが発表された全日本実業団競技大会と今週末各地で行われる国体予選、および日本代表の活動を紹介。

☆全日本実業団競技大会2010
 9月18日から3日間、神奈川県平塚市で行われる全日本実業団バスケットボール競技大会の組み合わせが発表された。この大会は11月に高知県で行われる全日本社会人選手権の予選も兼ねており、男子上位6チーム、女子上位3チームが出場できる。
 16チームで争われる男子は、北芝電機(東北2位)が初出場。東北はここ数年、JR東日本秋田と山形市役所が連続出場を続けていたが、今シーズン山形市役所が実業団登録を行わなかったため他のチームにチャンスが巡り、それを北芝電機がつかんだ形となった。その北芝電機は1回戦で現在3連覇中の横河電機と対戦する。北陸電力石川とナカシマプロペラ、四国電力が2年ぶりの出場となる。昨年のベスト8入りしたチームは全て出場しているが、昨年3位の新生紙パルプ商事が関東5位となったため、1回戦で昨年ベスト8で敗退となった九州電力と対戦することとなる。この顔合わせは昨年のこの大会の2回戦と同じ。また、2月に行われた全日本実業団選手権で接戦となったナカシマプロペラvs曙ブレーキ工業戦、昨シーズンはオールジャパンに出場ながらもまだ実業団の大会ではベスト8入りを果たしていないタツタ電線と昨年もベスト8入りしたホシザキの対戦は注目される。その他にも、北海道の強豪チーム・旭川キシイと東海で力をつけてきているAPEXの対戦や、JR東日本秋田と並んで男子最多となる13回出場の四国電力と12回出場の日本無線の古豪対決も興味深い。
 今大会から5・6位も決定戦を行うこととなり、全日本社会人選手権出場には最低2回(交流戦除く)勝たなくてはいけなくなった。逆に、2月の全日本実業団選手権の成績がよくなかったチームにもチャンスはあることになり、より激戦が予想される。
日本実業団バスケットボール連盟

☆成年男子国体予選
 先週末から始まった千葉国体予選。先週は北海道ブロックのみで行われたが、今週末の中国ブロックを除く7ブロック(東北、関東、北信越、東海、近畿、四国、九州)で開催される。中国ブロックは28・29日に行われる。
 ミニ国体はブロックによって予選の形式が異なる。北海道や関東、東海はトーナメントのみ、北信越や中国はリーグ戦のみ、その他はリーグ戦とトーナメントを組み合わせる、もしくはリーグ戦を2回行う形で2次に分けて行う。
 他に先駆けて行われた北海道ブロックは旭川選抜が札幌選抜に勝利し優勝した。
 東北ブロックは昨年は2チーム出場で山形県と秋田県が本国体に出場したが、今年は1チームのみ。山形県は昨年の本国体で優勝しており、予選突破を果たしたいところ。対する秋田県も昨年ミニ国体でも山形県に敗れていることもあり、チーム強化して臨むだろう。
 関東はここ数年本国体に出場し、過去に本国体優勝もある千葉県が今年は開催地ということで予選不出場。奇数チームとなるため、昨年準優勝の埼玉県は1回戦免除となる。千葉県が出場しないこともあり、どこのチームにとってもチャンスの年となる。
各ブロックのミニ国体(国体予選)の予定と結果
北海道(1):旭川選抜 北海道バスケットボール協会
東北(1):東北総合体育大会(ミニ国体) 8月21日(土)~22日(日) 岩手県奥州市/水沢総合体育館 組み合わせ・日程は 福島県バスケットボール協会HP に掲載。
関東(1):第65回国民体育大会 関東ブロック大会バスケットボール競技 8月21日(土)・22日(日) 群馬県高崎市/高崎浜川体育館 群馬県バスケットボール協会
北信越(2):第31回北信越国民体育大会 8月21(土)・22日(日) 富山県/富山県西部体育センター 富山県バスケットボール協会
東海(1):東海ブロック国体 8月21日(土)・22日(日) 岐阜県/岐阜アリーナ 岐阜県バスケットボール協会
近畿(1):国体近畿地区大会 8月21日(土)・22日(日) 京都府宇治市/太陽が丘体育館 京都バスケットボール協会
中国(2):第30回中国地区ミニ国体 8月28日(土)・29日(日) 鳥取県鳥取市/県民体育館 鳥取県バスケットボール協会
四国(1):四国ミニ国体 8月21日(土)・22日(日) 高知県
九州(1):平成22年度国民体育大会第30回九州ブロック大会 8月20日(金)~22日(日) 鹿児島県/サンアリーナせんだい 川内高体育館(21日のみ) 鹿児島県バスケットボール協会
※ブロック名(数字)の数字はそのブロックからの本国体出場枠。

☆日本代表
 男子日本代表はスタンコビッチカップで決勝まで進んだが、決勝戦でレバノンに敗れ準優勝に終わった。この大会は開幕前に田臥(リンク栃木ブレックス)が体調不良で同行せず、その後もけが人が出るなどした中での準優勝となった。
 これでしばらくは代表の活動は休止期間に入り、次は11月12日から中国・広州で行われるアジア選手権に向けて11月1~3日の第7次強化合宿から再スタートとなる。
 また、現在シンガポールで行われている第1回ユースオリンピック競技大会に女子日本代表チームが出場している。この大会はFIBA33ルールにのっとり、5分×2ピリオド33点先取(33点になった時点で試合終了)となるハーフコートの3on3で行われる。日本代表は長岡(札幌山の手高2年)をキャプテンとする4選手。日本は予選ラウンドを2位で通過し21日の準々決勝へと駒をすすめた。
JBA日本バスケットボール協会 日本代表サイト

リサーチ・編集・作成 渡辺美香

« 全日本実業団競技大会2010 組み合わせ発表 | トップページ | スポーツのミカタ ウィークリー2010 vol.34 »

実業団」カテゴリの記事

ウィークリー」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

千葉国体」カテゴリの記事

全日本実業団競技大会2010」カテゴリの記事

カテゴリー