« JBL2 2010-2011 シーズン中止のお知らせ | トップページ | スポーツのミカタ ウィークリー2011 vol.12 »

スポーツのミカタ ウィークリー2011 vol.11

 3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。そして、1日も早い復旧復興をお祈りしています。

 地震から1週間がたち、徐々に被災地域の様子も分かってきました。バスケットボール界でも3月中のスケジュールの変更や様々な支援活動が発表されています。3月18日現在で分かる範囲内で紹介いたします。

<被災地のチームの安否確認>
JBL2
日立電線ブルドッグス(茨城県日立市)
 3月16日現在、チーム関係者及びその家族に被害の報告はありません。電気は15日に復旧、16日現在水道・ガスは復旧せず。会社(工場、事務所など)は建物・設備等に大きな被害が出ており、業務復帰にもかなりの時間を要すると思われます。14日に電話で連絡の取れた#7中村キャプテンは「バスケどころじゃないですね」と言いながらも「リーグの再開は決まりましたか」と尋ね、現状としては再開は厳しいのではと伝えると「そうですよね」と短く答えました。朽津マネージャーからは16日にメールで『復旧にはかなり時間がかかりそうです。まずは会社の復旧を最優先としていますので、バスケットの練習ができるのは大分先になるかもしれません。危機的状況ですが、バスケ部一致団結して乗り切りたいと思います』というメッセージをいただきました。
TGI・Dライズ(栃木県小山市)
 チーム関係者全員無事と発表されています。
実業団
日立大みか(茨城県日立市)
 3月14日に加藤HCより全員無事との連絡をいただきました。しかし日立電線と同じく被害により業務もできない状況ということでした。
その他の被災地域のチームについては現在確認中です。

<地震の影響により変更されたスケジュール>
全日程中止
理由:余震が続いていること、使用電力に制限があり施設の利用が困難なこと、交通機関の混乱を起こす可能性があることなどです。
JBL プレーオフを含む残り日程全て
チケットの払い戻しについて リンク栃木ブレックス
JBL2
 プレーオフを含む残り日程全て
チケットの払い戻しについて TGI・Dライズ レノヴァ鹿児島
WJBLプレーオフファイナル 残り日程全て
チケットの払い戻しについてはWJBLオフィシャルサイトへ
第37回全日本クラブバスケットボール選手権大会 静岡県浜松市 3月19~21日
第24回都道府県対抗ジュニア大会 東京都渋谷区、他 3月28~30日
第42回全国ミニバスケットボール大会 埼玉県さいたま市 3月29~31日
第9回全日本デフバスケットボール選手権大会 福岡県福岡市 3月18~20日

活動中止
日本代表
男子ユニバーシアード日本代表 第2次強化合宿(3月16~19日) 第3次強化合宿(3月20~29日)
男子U-16日本代表 第4次強化合宿(3月17~19日)
女子ユニバーシアード日本代表 第3次強化合宿(3月20~22日) 第4次強化合宿(3月23~30日)
女子U-18日本代表 第6次強化合宿(3月26日~4月3日)
エンデバー
U-18女子トップエンデバー(3月24~26日)
財団法人日本バスケットボール協会

一部中止
bjリーグ 東京、埼玉、仙台の3チームが活動停止 この他一部のゲームが中止になっています。詳細はbjリーグHPへ。

この他、3月に東北および関東地域で開催予定の交流大会などが中止になっています。

<募金・チャリティーの活動>
募金活動
 選手たちが募金サイトを立ち上げて募金を呼び掛けています。また、各所(ホーム近隣の駅前やショッピングモールなど)での募金活動も行っています。

チャリティーイベント
JBL2
石川ブルースパークス 3月20日(日)松任運動公園体育館 東北関東大震災チャリティイベントで募金活動を行います。
レノヴァ鹿児島 3月26日(土)鹿児島アリーナ 『震災支援チャリティゲーム(仮称) レノヴァ鹿児島vs福太郎クラブ』収益の一部を義援金として寄付します。
bjリーグ
3月19・20日 京都、大阪(堺市)、島根、大分で開催のゲームは復興支援ゲームとして募金活動と収益金の一部を義援金として被災地に提供。詳細はbjリーグへ。
浜松・東三河フェニックス チャリティーゲーム 3月20日(日)オーエスジー体育館 募金活動及びチャリティーオークションの開催を予定しています。詳細は浜松・東三河フェニックスオフィシャルサイトへ。

この他にも現在開催を検討しているものもあります。

☆スポーツのミカタ増刊号をご購入いただいた皆様へ
 いつもスポーツのミカタをご支援いただき、誠にありがとうございます。この度スポーツのミカタでは皆さまにご購入いただきました増刊号1冊につき50円分を義援金として募金することといたしました。増刊号のご購入は実業団バスケットが好き、もしくは応援する選手、チームがある、などが理由だと思いますが、その中には実業団バスケットを応援したい、さらにはスポーツのミカタの活動を応援したいと言う気持ちがあると感じています。その応援の気持ちをこの度被災された地域の皆様への復興に向けての応援に少しでも変えさせていただきたいと考えました。
 また、今後も1冊につき50円の募金を、被災地が復興するまで続けていきたいと考えています。
 被災地域の実業団チームの皆さんはまずは生活の、そして会社の業務の復旧復興を目指して頑張っておられることと思います。また、東京電力、東北電力、JR東日本など同じ実業団の仲間の皆さんが日夜復旧復興に向けて自分たちの仕事を懸命にされています。自分たちのバスケットボールができるようになるには相当の時間を要するかもしれません。私たちは皆さんの1日でも早い復活を信じて応援していきます。

リサーチ・文 渡辺美香

« JBL2 2010-2011 シーズン中止のお知らせ | トップページ | スポーツのミカタ ウィークリー2011 vol.12 »

JBL」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

ウィークリー」カテゴリの記事

JBL2 2010-2011」カテゴリの記事

カテゴリー