« 関東実業団選手権 第4週の結果 | トップページ | 関東実業団選手権 最終週(第5週)の結果 »

スポーツのミカタ ウィークリー2011 vol.46

☆関東実業団選手権2011 ※写真は後ほど掲載します。
 関東実業団バスケットボール選手権は第4週を迎え、男子3回戦と男女準々決勝、そして9位および10位決定戦の1回戦を行った。
男子
3回戦
●三菱東京UFJ銀行 71 ( 21-20  12-27  23-28  15-26 ) 101 大塚商会○
○新生紙パルプ商事 73 ( 17-16  21-9  16-9  19-23 ) 57 富士通●
●東京日産 72 ( 13-18  19-25  22-17  18-17 ) 77 プレス工業○
 プレス工業がリードするが、終盤東京日産が追い上げ、終了間際には逆転する。しかしそこで東京日産の得点が止まりプレス工業が再び逆転、フリースローのリバウンドをつなぐなどしリードを守り切り勝利した。プレス工業は初のベスト8入りとなった。
○横河電機 94 ( 24-18  16-10  23-13  31-12 ) 53 NTTデータ●
 別会場でも4試合行われ、三井住友銀行、日本無線、曙ブレーキ工業、葵企業がそれぞれ勝ち上がりベスト8に入った。ベスト8の8チームはこの時点で2月の全日本実業団選手権大会の出場が決定、敗れた8チームは順位決定戦にまわり、8チーム中2チームのみが全日本実業団選手権に出場することができる。
準々決勝
○横河電機 87 ( 21-10  21-14  31-18  14-20 ) 62 プレス工業●
○新生紙パルプ商事 78 ( 18-12  11-17  19-17  30-17 ) 63 大塚商会●
○葵企業 77 ( 18-17  15-19  19-15  25-14 ) 65 曙ブレーキ工業●
●日本無線 61 ( 21-19  14-10  12-17  13-18 ) 64 三井住友銀行○
 日本無線が前半リードするも引き離せない。後半、三井住友銀行のシュートが要所で決まり追い上げると、第4ピリオド残り5分に逆転する。そこから点を取り合うシーソーゲームとなるが、残り3分を切るとどちらも厳しいディフェンスに得点が伸びなくなる。残り2分半に三井住友銀行#92小松が見ぢるシュートを決め1点リードとするも、残り1分半に日本無線#1福田大のフリースローで同点に。試合を決めたのはその直後の三井住友銀行のオフェンスで#31佐藤が1対1からするどくシュートを決め2点リードとする。その後どちらも決めきらず、残り11秒の日本無線の速攻も三井住友銀行がブロックで止めリードを守る。最後は残り3秒に三井住友銀行#16鈴木がフリースローを1本決め、三井住友銀行がわずかに3点差で勝利した。1週間前の全日本社会人選手権決勝で日本無線に敗れ準優勝に終わった三井住友銀行だったが、ここは利万事を果たすことができたと言える。選手たちはみなホッとした表情を見せた。「難しかった」と小野コーチが言うように、1週間前に勝っていた日本無線の方が厳しい状況だった。三井住友銀行はここまでの大会すべてにベスト4入り(関東実業団リーグ戦4位、全日本実業団競技大会3位、東京都実業団選手権2位、全日本社会人選手権2位、関東実業団選手権ベスト4)とここまで結果を残している。日本無線は関東及び東京都ではベスト4入りを逃し、全国大会は2大会とも優勝(関東実業団リーグ戦5位、全日本実業団競技大会優勝、東京都実業団選手権6位、全日本社会人選手権優勝、関東実業団選手権6位)と波の大きいシーズンとなっている。
 この他、9位決定戦の1回戦は東京日産と富士通が勝ち上がり、10位決定戦の1回戦は三井住友海上とメディセオが勝ち上がった。
 11月19日(土)は平塚市総合体育館で9位決定戦と10位決定戦、準決勝が行われる。また、20日(日)は代々木第2体育館で男女3位決定戦と男女決勝が行われる。
関東実業団選手権 第4週の結果と第5週の予定
関東実業団バスケットボール連盟

☆JBL2 2011-2012
 JBL2(日本バスケットボールリーグ2部機構)は11月12・13日に第6週となる5試合を行った。第5週まで負けなしの全勝対決となったアイシンAWvs豊田通商戦は終盤に豊田通商がリードを奪うとそのまま逃げ切り全勝を守った。敗れたアイシンAWは今シーズン初黒星。前週レノヴァに連敗した黒田電気だったが、石川にわずかに1点差で勝利し連敗を止めた。日立電線は豊田合成に勝利し、オールジャパン出場に望みをつないでいる。この他、Dライズが兵庫に、レノヴァがビッグブルーにそれぞれ勝利した。今週末の11月19・20日は全チームが2会場に分かれ、土日に同会場での連戦が行われる。
第6週の結果と第7・8週の予定
JBL2-日本バスケットボールリーグ2部機構

☆トピックス
JBL
 JBL(日本バスケットボールリーグ)は11月11~13日の3日間で第6週となる8試合を行った。トヨタ自動車アルバルクは日立サンロッカーズに1勝1敗となり2敗目をきす。アイシンシーホースは三菱電機ダイヤモンドドルフィンズに連勝しトヨタ自動車と勝ち星で並ぶ。ここまで勝ち星のなかった東芝ブレイブサンダースはレバンガ北海道に連勝し初の白星となった。パナソニックトライアンズとリンク栃木ブレックスは星を分けた。トヨタ自動車アルバルクとアイシンシーホースが10勝2敗、日立サンロッカーズが8勝4敗、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズとレバンガ北海道が5勝7敗、パナソニックトライアンズとリンク栃木ブレックスが4勝8敗、東芝ブレイブサンダースが2勝10敗となっている。今週末の第7週では現在の1位と2位の直接対決が行われる。
JBL-日本バスケットボールリーグ

インカレ2011
 第63回全日本大学バスケットボール選手権大会が11月21~27日まで東京都で開催される。2008年の第60回大会以来の男女同開催地での同時開催となる。この大会の上位8チームは全日本総合選手権(オールジャパン)に出場することとなるが、今大会では男女ともに決勝と3位決定戦までしか行わず、オールジャパン推薦順位の5~8位についての決定方式などは発表されていない。男女ともにスタートは21日(月)だが、最終日は女子が1日早く26日となっている。
全日本大学バスケットボール連盟

オールジャパン予選
 2012年のスタートとなる全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン)の予選大会が各地で行われている。先週末は東北と九州で代表が決定した。男子は東北、九州ともに同じ予選大会でもある社会人選手権の出場を逃したJR東日本秋田と九州電力が優勝し、両チームともに2シーズン連続でオールジャパンの出場権を獲得した。また女子は社会人選手権で3位に終わった鶴屋百貨店が九州総合で優勝しオールジャパン出場を決めた。
 今週末は東海ブロックで予選大会が行われる。また、来週末には大学枠の8チームとJBL2の3チームが決定する予定となっている。
北海道 12月1~4日 札幌市(江別市) 北海道バスケットボール協会
東北 男子JR東日本秋田 女子山形大※(優勝は山形銀行、2位は秋田銀行だが、両チームとも社会人枠での出場となるため、3位の山形大が繰り上がりで出場権を獲得した。) 青森県バスケットボール協会
関東 11月26・27日 栃木・白鴎大 栃木県バスケットボール協会
北信越 男子北陸高 女子ULTIMATES
東海 11月19・20日 岐阜・ヒマラヤアリーナ 岐阜県バスケットボール協会
近畿 男子京都産業大※ 女子大阪人間科学大※ 京都バスケットボール協会
中国 男子ツースリー 女子環太平洋大※ 島根県バスケットボール協会
四国 11月27日 愛媛・
九州 男子九州電力 女子鶴屋百貨店 鹿児島県バスケットボール協会
※優勝および代表チームがインカレ出場チームの場合、インカレでベスト8に入ると大学枠での出場となるため、ブロックでは2位以下が繰り上げ出場となります。

取材・写真・リサーチ・文 渡辺美香

« 関東実業団選手権 第4週の結果 | トップページ | 関東実業団選手権 最終週(第5週)の結果 »

大学」カテゴリの記事

JBL」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

ウィークリー」カテゴリの記事

JBL2 2011-2012」カテゴリの記事

関東実業団選手権2011」カテゴリの記事

カテゴリー