« JBL2 2011-2012 第11週の結果 | トップページ | JBL2 2011-2012 第12週の結果 »

スポーツのミカタ ウィークリー2011 vol.50

☆JBL2 2011-2012
 JBL2(日本バスケットボールリーグ2部機構)は12月10・11日に第11週となる6試合を行なった。
●アイシンAW 65 ( 17-17  13-15  22-27  13-24 ) 83 レノヴァ○
 第1ピリオドはどちらも一歩も引かず点を取り合う展開に。スタートから終始シーソーゲームが続く。残り1分55秒にアイシンAW#5中野のシュートが決まり、アイシンAWが2点リードとなると、ここからどちらも攻めきれず。残り53秒にレノヴァ#9西堂がカットインで合わせシュートを決め同点となると、その後どちらも得点できず。第1ピリオドは同点で終える。第2ピリオド、レノヴァは#4ジョンソンを中心に、アイシンAWは#21鈴木が得点を重ね、どちらも一歩も譲らない。残り3分56秒、レノヴァ#4ジョンソンがバスケットカウントと1スローを決め、レノヴァが5点リードとなる。ここでアイシンAWは#55熊澤が積極的に仕掛けると、残り3秒に3ポイントシュートを決め、レノヴァのリードを2点にして前半を終える。第3ピリオド序盤は交互に点を取り合う展開が続いたが、残り7分36秒にレノヴァ#16尾崎の3ポイントシュートが決まると、続けて#39中園も3ポイントシュートを決め、レノヴァが6点リードとする。すぐにアイシンAW#55熊澤がミドルシュートを決め返したものの、直後の残り5分42秒にレノヴァ#16尾崎が再び3ポイントシュートを沈め、レノヴァのリードが7点となって、アイシンAWはタイムアウトを取る。ここからまたも一進一退の攻防が続くが、残り3分を切ってアイシンAWが#55熊澤、#21鈴木のシュートで3点差に詰める。しかしここでまたもレノヴァ#16尾崎が3ポイントシュートを決めると、最後まで流れは変わらず。レノヴァが7点リードで第3ピリオドを終える。第4ピリオドに入っても要所でレノヴァ#39中園や#14戸島らのシュートが決まり、徐々に点差がひらいていく。さらにアイシンAWはチームの要である#21鈴木が残り2分34秒にファールアウトとなり厳しい状況に。その後レノヴァはアイシンAWに追いつく隙を与えず、18点差で勝利した。「後半、#9西堂と#13近が躊躇なく打ってくれたことが勝因」とレノヴァ・鮫島HC。「うちはインサイドが強いと思われていますが、だからこそアウトサイドがこないとダメなんです。そういう意味では今はバランスのいいチームになってきているとは思います」と今のチーム状況を振り返る。キャプテンの#39中園も「コミュニケーションと言うのがうちのシーズン通してのテーマだと思っています。まだまだ十分とは言えませんが、みんなそこを意識してやってくれているし、昨シーズンに比べれば随分良くなっていると思います」と語る。敗れたアイシンAW、「前回リードされた展開から追いついてかろうじて勝ったというゲームだったので、今回はうちが先手を取りたかったのですが、いろいろなことをやろうとして逆に上手くいかなかったところはあります」と伊藤HCは振り返る。「昨年より点は取れるようになったけど、チームとしてのバランスっていう意味ではよくなくなっているところはあるかもしれないです」とキャプテン#21鈴木。得点面で#55熊澤に頼るところが大きくなっていることが気になるところ。その#55熊澤は「今日はリバウンドを相手に取られ過ぎました。うちとしてはディフェンスを頑張って、リバウンドから走る展開にっていうのがしたいところですが、前提であるリバウンドが取れなくてリズムができませんでした」と語った。
Dsc_0350 Dsc_0394 Dsc_0450 Dsc_0498 Dsc_0655 Dsc_0853 Dsc_0863 Dsc_0928
 この他、Dライズが豊田通商に勝利し、豊田通商の2008-2009シーズンから続く連勝を71で止めた。兵庫はビッグブルーに2連勝。石川と日立電線は3オーバータイムまでもつれ込んだが、最後は石川が引き離して勝利し4位に浮上した。
第11週の結果と第12週の予定
JBL2-日本バスケットボールリーグ2部機構

☆関東実業団・関東大学オールスター戦
 第14回となる関東実業団・関東大学バスケットボールオールスター対抗戦が12月17日(土)に戸田市スポーツセンターで行われる。3年ぶりにオールスター戦前にクリニックも開催されるが、今回は中学生が対象となっている。
 男子は実業団が東京国体の選抜メンバーを軸に、関東実業団選手権のMVP&ベスト5がほぼ揃うなど関実1部の主力が集まった。なお、国体メンバーの中で参加しない選手は都合および故障によるもの。大学はリーグ戦1部10チームと2部の上位2チームの12チームからそれぞれ1~3年生の中で1名ずつ選抜されている。今回のHCは日本体育大の藤田HC。また、例年ハーフタイムに行われているダンクコンテストは今年は会場の都合で3ポイントシュートコンテストに変更となっている。
 当日は実連の各チームから提供されたグッズなどのプレゼント抽選会や、選手入場時にサインボールの投げ込みなどの来場者サービスも行われる。
関東実業団・関東大学オールスター戦
関東実業団バスケットボール連盟

☆トピックス
JBL
 JBL(日本バスケットボールリーグ)は12月10・11日に第10週となる8試合を行なった。トヨタ自動車アルバルクとアイシンシーホースはそれぞれリンク栃木ブレックスと東芝ブレイブサンダースに2連勝。また、パナソニックトライアンズも日立サンロッカーズに連勝した。レバンガ北海道と三菱電機ダイヤモンドドルフィンズは星を分けた。この結果、3位の日立サンロッカーズが2位との差を拡げられ、4位のパナソニックトライアンズが3位との差を星2つとした。また、レバンガ北海道が6位に後退、リンク栃木ブレックスが5位となっている。
JBL-日本バスケットボールリーグ

ウインターカップ2011
 12月23日(金・祝)から全国高等学校バスケットボール選抜大会(ウインターカップ)がスタートする。公式サイトにはウインターカップ直前企画として『高校ナンバー1への道』と題し大会を盛り上げる企画を行なっている。大会は29日(木)まで東京体育館で行われる。
「東日本大震災」被災地復興支援 ウインターカップ2011 平成23年度 第42回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会 大会公式サイト

取材・写真・リサーチ・文 渡辺美香

« JBL2 2011-2012 第11週の結果 | トップページ | JBL2 2011-2012 第12週の結果 »

実業団」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

JBL」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

ウィークリー」カテゴリの記事

JBL2 2011-2012」カテゴリの記事

カテゴリー