全日本総合選手権2014

オールジャパン2014 掲載のお知らせ

2014.1.1 男子実業団の出場チーム紹介(1)

2014.1.2 男子実業団の出場チーム紹介(2)

オールジャパン2014 男子実業団の出場チーム紹介(2)

東日本大震災復興支援 第89回天皇杯・第80回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会
2014年1月1日~13日

日本無線(社会人1位)
 実業団の古豪チームの1つ。一時期その堅守で実業団トップを争ったが、その後JR東日本秋田、横河電機、九州電力の台頭に苦しい時期が続いていた。新人補強などで個々の能力がアップし、2010年には社会人選手権で2位となりオールジャパンの出場を果たした。翌年には全日本実業団競技大会、社会人選手権と2冠を取るも3冠のかかる戦日本実業団選手権では予選リーグで敗退とベスト8にも入れず終わった。チームとしての形にとらわれず個々の能力を活かした自由なバスケットがチームらしさと誰もが思う反面、強さが安定せず、本来のチームがもつ力を発揮できていないという見方も多かった。全国および関東で無冠(東京都実業団選手権優勝)に終わった2012年度、選手の入れ替わりもあり、2013年度に入るとチームの状態は徐々に変わっていった。チームの司令塔であり、精神的柱でもある#6鈴木伸は「今のチームの一番見てもらいたいところは堅い守りからの流れるようなオフェンスの切り替えです」と語る。日本無線が関東でトップを誇った時のエースでもある尾崎がコーチとなりチームを指揮(オールジャパンではAコーチ登録)、当時を彷彿させる粘り強く全員で守るディフェンスから#6鈴木を軸に速い展開でオフェンスに切り替わる。福田兄弟(#1福田大、#2福田侑)の息の合ったプレー、#9小林のチームに勢いを与えるゴールに向かうプレー、そして今年度からスタートに入った#31那谷の献身的なバスケットがチームをつないでいる。コートに立つベンチメンバーはあまり多くはないが、今はチーム全体で戦う姿勢を強く見せており、全員がこの強いチームを支えている。社会人1位は今年1回戦をシードとなり2回戦からの登場となった。対戦相手は今シーズンからスタートしたNBDLの現在トップである東京エクセレンス。日本無線と東京エクセレンスのメンバーは昨年(2013年)行われた東京国体のバスケット成年男子チームの主力としてともに戦った。特に日本無線の#6鈴木伸、#1福田大、#2福田侑と東京エクセレンスの#33宮田、#23齋藤の5人は東京国体での優勝という目標に向けて数年かけてチームを作ってきた仲間でもある。「その目標である東京国体で優勝できて、その年(年度)に日本無線と東京エクセレンスが対戦できるというのは本当にうれしいです」と#6鈴木伸。相手は外国人選手も有し、NBDLでトップの強さのチームだが「そんなことは関係ないです。一番対戦したかったチーム。本当に今から楽しみにしています」と笑顔で語る。現在社会人最強のチームがNBDLという上のカテゴリーのトップチームにどう挑むのか。

2回戦にむけて
九州電力
 1回戦で筑波大学に接戦の末勝利した九州電力は2回戦でNBL9位の熊本ヴォルターズと対戦する。筑波大学との対戦では学生ならではの勢いに乗る展開にリズムを作れなかった九州電力だが#5中川の身体を張ったプレーで流れを呼び込んだ。「自分にできることをしただけです。このチームでは年長なので、自分がそういうプレーをする姿を若い選手たちに見せていかないといけないと思いました」と試合後#5中川は語った。チームの状態は今一つだが#45根岸は「よくはないけどなんとかしないといけないですし、なんとかします」と強く言いきる。2月の全日本実業団選手権大会はシーズン最後の大会となる。「無冠で終わるわけにはいかないです。そのためにも明日の試合をいい形でつなげるようにしなくてはいけない」と語った。

AJ2014 男子2回戦※関係分のみ
1月2日(木) 駒沢体育館
日本無線 13:00(B) vs東京エクセレンス
九州電力 14:40(A) vs熊本ヴォルターズ

文 渡辺美香

オールジャパン2014 男子実業団の出場チーム紹介(1)

東日本大震災復興支援 第89回天皇杯・第80回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会
2014年1月1日~13日

九州電力(社会人2位)
 昨年実業団(社会人選手権含む)全国3冠を成し遂げ、年度を通してAJ以外には無敗で終えた九州電力。昨シーズン途中から怪我で離脱していた#91酒井も復帰、盤石の体制となったと思われたが、全日本実業団競技大会では準決勝で曙ブレーキ工業に、全日本社会人選手権では決勝で日本無線にそれぞれ敗れ、現在今年度の全国優勝はない。チーム創世記のメンバーが徐々にチームを離れていく中、世代交代の時期におこる不安定さも考えられる状況だが、チームにとっての1つの目標でもあるオールジャパンにむけてどこまで修正出来ているか。この大会後すぐ(2月)には最後の全国大会である全日本実業団選手権が控えており、この大会のできが多少なりとも影響する可能性もある。2年目の#12織田、#35熊谷、3年目の#91酒井を中心に、チームのインサイドの要でもある8年目の#21毛利の活躍は必須だろう。さらにはここまでチームを押し上げてきた原動力となった#5中川、#45根岸、#9田中らの流れを呼び込むプレーにも期待したい。初戦の対戦相手は大学7位の筑波大学。まずはしっかりと流れをつかみ、走り勝ちしたいところ。昨年までは3回戦に進出しJBL(現・NBL)と対戦することを目標にしていたこの大会だが、今大会から出場チーム数が変わり、九州電力は1回戦を勝ち上がれば2回戦でNBL新規参入の熊本ヴォルターズと対戦することとなる。目標とするNBLチームとの対戦でさらなるチーム力のアップを目指したい。

曙ブレーキ工業(関東)
 社会人選手権では3位に終わったが、オールジャパンのブロック予選である関東総合選手権で優勝しオールジャパンに2年連続での出場を決めた。周りのチームが補強などで戦力を上げていく中、チームがまとまらず全国でもベスト8が精いっぱいだった時期があったが、ここ数年は全国で決勝進出などチーム力もアップしてきている。しかし年間を通して安定して力を出すことが難しく、さらにチーム力の底上げが十分にできていない面もあり、実業団の関東や全国の大会での優勝からは遠ざかっている。今年度は関東リーグ戦で3位、全日本実業団競技大会で2位、全日本社会人選手権で3位、関東実業団選手権で5位と関東実業団選手権以外は全てベスト4入りを果たしているが、優勝はない。チームは#15田中と#17田村、#9熊を軸に、司令塔の#32藤原、新人の#8佐々木がチームを固める。さらにこのチームの強さともいえるのが全てのポジションにスタートに匹敵するベンチメンバーがいること。上手くいっている時は誰が出てもチームが機能し、さらにその日のラッキー選手的な存在が現れるなど強さを発揮するが、かみ合わない時はバラバラになり、スタートメンバーに頼りがちになる。この大会でどこまで修正し、さらに2月の大会での優勝という目標に向かえるか。初戦は大学2位の青山学院大学。厳しい相手だけにチーム力が問われるところ。「(昨年)出るまではそんなに意識していなかった」とオールジャパンについて語る#15田中。実業団チームにとって目標にしにくい大会でもあるが、一度出場すると実業団の大会にはない魅力のある大会でもある。「他の大会とは全然雰囲気も違うし、なによりお正月から会社の方々をはじめ多くの方が応援してくれる中でチームのみんなとバスケットができることがうれしいです」と笑顔で言った。それだけに1勝でもあげたいところだが、「相手は強いですからね。もちろん負けるつもりはありませんし、勝てるように準備はしていきます」と意気込みを語った。

JR東日本秋田(東北)
 実業団の強豪チームであるJR東日本秋田だが、ここ数年は大卒のリクルートに苦しみ、チーム力の増強がなかなか図れないでいる。そんな中でも持ち前の粘り強さでオールジャパンの連続出場を果たした。「うちの課題は試合経験の少なさです」と#9石橋が語るように、関東以外のチームにとって高いレベルで競った試合を戦う経験は非常に少なくなる。このオールジャパンにむけて練習試合などを行ない、その足りない部分を補ってきた。その取り組みがさらに2月の全日本実業団選手権にもつながる。今大会の初戦はNBDL2位の豊田通商ファイティングイーグルス名古屋。外国人選手を有するだけでなく、日本人選手もレベルが高く、厳しい対戦となるだろう。どこまでチームらしさを発揮できるか、走り負けないでいられるか、外国人もいるだろうインサイドを守り切れるかが勝利の鍵となるか。

宮田自動車(北海道)
 北海道の実業団強豪チームの1つだが、今年はチーム強化を図った旭川キシイに勝利することができず実業団の全国大会には出場できていない。オールジャパンは数少ない全国を経験する場となる。1回戦の対戦相手はNBDL3位のアイシン・エイ・ダブリュアレイオンズ安城。日本人のみのチームらしく、堅守と展開の速いオフェンスを得意とするチームだが、カテゴリーは違うとはいえ同じ実業団チームでもある。北海道のチームらしい粘り強いバスケットに期待したい。

AJ2014
1月1日(水)駒沢体育館
曙ブレーキ工業13:00(B)vs青山学院大学
JR東日本秋田14:40(B)vs豊田通商ファイティングイーグルス名古屋
九州電力16:20(A)vs筑波大学
宮田自動車18:00(B)vsアイシン・エイ・ダブリュアレイオンズ安城

文 渡辺美香

その他のカテゴリー

AJ予選2009 | JBL | JBL2 2008-2009 | JBL2 2009-2010 | JBL2 2010-2011 | JBL2 2011-2012 | JBL2 2012-2013 | おおいた国体 | お知らせ | その他 | アメリカンフットボール | インタビュー | ウィークリー | コラム | ニュース | バスケットボール | レポート | 予定 | 全日本実業団競技大会2008 | 全日本実業団競技大会2009 | 全日本実業団競技大会2010 | 全日本実業団競技大会2011 | 全日本実業団競技大会2012 | 全日本実業団競技大会2013 | 全日本実業団選手権2009(41st) | 全日本実業団選手権2010(42nd) | 全日本実業団選手権2011(43rd) | 全日本実業団選手権2012(44th) | 全日本実業団選手権2013(45th) | 全日本実業団選手権2014(46th) | 全日本社会人選手権2008(4th) | 全日本社会人選手権2009(5th) | 全日本社会人選手権2010(6th) | 全日本社会人選手権2011(7th) | 全日本社会人選手権2012(8th) | 全日本総合・オールジャパン2013 | 全日本総合選手権2009 | 全日本総合選手権2010 | 全日本総合選手権2011 | 全日本総合選手権2012 | 全日本総合選手権2014 | 千葉国体 | 増刊号 | 大学 | 実業団 | 山口国体 | 新潟国体 | 日本代表 | 東京都実業団選手権2008 | 東京都実業団選手権2009 | 東京都実業団選手権2010 | 東京都実業団選手権2011 | 結果 | 野球 | 関東大学リーグ戦 | 関東実業団リーグ戦2009 | 関東実業団リーグ戦2010 | 関東実業団リーグ戦2011 | 関東実業団リーグ戦2012 | 関東実業団リーグ戦2013 | 関東実業団選手権2008 | 関東実業団選手権2009 | 関東実業団選手権2010 | 関東実業団選手権2011

カテゴリー