« 関東実業団リーグ戦2017 男子1部1次リーグ第2戦(インタビュー) | トップページ | 関東実業団リーグ戦2017 掲載のお知らせ »

関東実業団リーグ戦2017 男子1部1次リーグ第3戦(インタビュー)

 現在開催中の関東実業団バスケットボールリーグ戦男子1部1次リーグの第3戦が6月10日(土)に品川区総合体育館で行われた。
 
 
男子1部1次リーグ第3戦の結果
〇日本無線 83 (24-13  14-18  17-10  28-20) 61 横河電機●
●新生紙パルプ商事 63 (18-15  16-20  12-28  17-17) 80 曙ブレーキ工業〇
〇日立金属 75 (14-8  19-10  19-15  23-22) 55 三井住友海上●
●富士通 66 (17-20  18-13  19-20  12-21) 74 黒田電気〇
 
勝敗
3勝0敗:黒田電気
2勝1敗:日本無線 曙ブレーキ工業 横河電機
1勝2敗:新生紙パルプ商事 日立金属 三井住友海上
0勝3敗:富士通
 
 第3戦では2戦まで連勝していた黒田電気は連勝を伸ばし3勝目、同じく2連勝中だった横河電機は初黒星となった。また、日立金属が今リーグ戦初勝利をあげた。まだ白星のない富士通は黒田電気に敗れ3連敗となった。
 
 
〇日本無線 83 (24-13  14-18  17-10  28-20) 61 横河電機●
 
日本無線 #15近藤 大
※スターティングメンバーの#6鈴木の不在により、この試合はスタートとしてプレー、チームを牽引した。
・(#6)鈴木選手が本日来られないことはあらかじめわかっていましたか?
僕は昨日知りました。スタッフ陣は知ってたんじゃないですか?昨日の練習でスクリメージの時に(鈴木)伸さんがスタメンの方に入らなかったのでどうしてかなと思ったら「明日は頼んだ!」って言われて。
・スタートとしてプレーすることに緊張はなかったですか?
僕的には控えで出るのが好きっていうところがあります。流れを変えるとかそういうところで、いつも伸さんにここは任せたって言われて。実際スタメンで出ても基本的にはやることは変わらないので。なのでそれほど緊張とかはないです。
・スタートのメンバーが変わることはほとんどないのでは?
ないですね。僕が入ってからはずっとそうですかね。あまり選手を替えない、今のスタメンを替えないっていう感じでやってたので。でも今は(#21・新人)石黒も入ってきたし、(#5)山岸もいるので、そこは前よりは(スタメンの)みんなが休めるかなっていう感じですかね。
・スタートで出るにあたって気をつけたところは?
僕と山岸はディフェンスっていう感じなんですけど、スタメンはみんなオフェンスが好きな選手たちなので、どれだけ気持ちよくシュートを打たせるようにできるかっていうのは考えてますね。あとは、結構僕っていろいろなことに影響されやすくて、Bリーグが終わって篠山(ブレイブサンダース川崎)とかの記事を読んで、代表落ちした時に攻撃の部分が少なかったっていうのを読んでちょっと意識しました。
・今日はいつもよりオフェンシブな印象でしたが、それですか?
それです。影響されやすいので。特に最初の2本はその記事を意識して、絶対1対1やろうと思ってやりました。
・先週は初黒星となりましたが、今日に向けて修正した点は?
あの試合が終わった後、最後まで自分たちの力が出せなくて、逆に走られて、相手に合わせてしまった部分があったので、そこは意識しました。僕らは身長が低いのでリバウンドを、しっかりとアウトしてやっていこうと話したので、ちょっと僕のミスもあって追いつかれたりもしたのですが、最後はリバウンドを頑張ってやれたのでよかったです。
・いつも試合の出だしが重いイメージがありますが、今日はよかったように感じました。
攻撃的にいって流れを作ろうと思ったので、いつもは途中から出ているので(序盤はベンチから)見ているとやはり重いんですよね。どこかで誰からがいい流れを作らないと、ずっと重いままで、シュートが入らないときは入らないので、そこは意識しました。
・先週の敗戦で危機感はありましたか?
今日負けたら…っていうのはいろいろな人からも言われたので。そこは今日勝ててほっとしています。(連敗すると)また重い感じになってしまうので。今日勝ったから、次は(スタメンの)伸さんにももっと軽い感じでやってもらえたらいいなって思います。
・昨年のチームと今年のチームは違いますか?
控えのメンバーの中で石黒が(#1福田)大祐さんみたいなパスを結構出せるので、そういう面では(控えの選手たちでも)ボールがよく回るようになったかなと思います。
・スタメンと控えの間にあった線引きみたいなものが以前に比べてなくなってきたように感じます。
練習でもそういう雰囲気が結構あったのですが、その辺はスタッフ陣も考えてくれているのかなと思います。その辺は昨年よりももっと良くなっていると思います。
・まだまだ試合は続きますね。
やることは変わらないので。今日の試合が大事って(先ほど)言ったのですが、結局どの試合も大事なので、1試合1試合をしっかりとやりたいです。今のメンバーでリーグ戦で優勝したことがないので、優勝できるように頑張りたいです。
 
 
●新生紙パルプ商事 63 (18-15  16-20  12-28  17-17) 80 曙ブレーキ工業〇
 
曙ブレーキ工業 #14吉本 健人
※2年目の今リーグ戦ではシューターとしての本領発揮し、チームを第2戦から2連勝に導く活躍を見せた。
・先週は(#87)河本選手が不在でしたが、何が違いは?
河本さんが入っていい流れになるかなとは思ったのですが、先週自分たちでいい流れにできたので、そこの自覚っていうか、自分たちがやるっていうことを忘れないように、オフェンスではまずリングを狙うことを意識してプレーしました。
・先週の試合を勝ったことはチームにとって大きかった?
そうですね。逆境をみんなで乗り越えたというか、勝てたのはやはりいい流れを作れたと思います。
・河本選手がいることで先週のように思い切りよく打てるかなと思って見てましたが。
自分が攻めることが今はチームのいい流れにつながるかなと思ったので、そこは気負わずに、外してもいいからいい形で打つことを意識しました。
・昨年のチームと今年のチームの違いは?
大きい新人が入ったのでリバウンドで絡み合いはできるかなというのと、ディフェンスリバウンドも有利になってくるので、そこから速い展開に持っていけるというのも違うところかなと思います。あとはオフェンスのかみ合いでたまにリズムが悪くなったりするのですが、そこは今は仕方ないなと思っていて、まずはリーグ戦を乗り越えて、1年間通してチームを作っていかないといけないかなと思います。
・スポットシュートがかなりありますが、どうやってフリーになっているのでしょうか?
自分はムービングしているっていう感じじゃなくて、いつも我慢するっていうことを意識しています。なんとなく感覚なんですよね。こうきたら空くなっていうのがたまにあるので。大学でもスポットシューターでした。
・ディフェンスのチェックが厳しくても打ち切りますよね。
そこは打たないとおかしくなってしまうので。普段のシューティングをしっかりとやらないといけないので、そこは意識しています。
・昨年よりチームのディフェンスがかなりタイトになっているように思いました。
今(#0)占部さんと河本さんがそういうディフェンスを見せてくれるので、そこにつられてみんないい流れでディフェンスができているのかなと思います。練習量も限られているので、簡単な(決め)事を徹底してやっています。
・後半の入りのディフェンスは特によかったですね。
春先から練習内容が変わって、結構運動量が多い練習をやってきたので、自分たちも気づいてなかったのですが、そこが出てきているのかなと思います。
・初戦は敗戦でしたが、その時はどうでしたか?
正直昨年とチームがガラッと変わって、(今のチームが)どこまでできるのかなというのがみんな全然わからなくて。(リーグ戦前の)練習試合でもパッとしなかったので、(初戦負けたことで)みんな個々にやらないといけないということを再認識できたのかなと思います。チームとして(負けたことで)落ちてどうしようっていう感じはなかったです。
・この後も調子を維持して頑張ってください。
ありがとうございます。頑張ります!
 
新生紙パルプ商事 奥 利孝ヘッドコーチ
※先週リーグ初勝利をあげ、勢いに乗るかと思われたが、この第3戦ではチームのリズムにできず2敗目をきした。
・先週はよかったと思うのですが、何が違ったのでしょうか?
気持ちのところは変わらないと思いますが、シュートが全然入らなかったので仕方ないですね。久々にこんな大敗して、いい薬になるっていうか、(いい薬に)しないとダメだとは思いますけど。
・ディフェンスが先週に比べてあまりよくなかったように感じましたが。
87(曙ブレーキ工業・河本)とか14(曙ブレーキ工業・吉本)とか強かったけど、もう少し早めにケアするにせよしないといけなかったのですが、ちょっと足が動いてなかったんですね。
・オフェンスでは相手のディフェンスに押されてしまったように見えました。
ちょっとフラフラしてたし、センターも上がってハイポスト辺りでボールをもらうことが多かったので、下までもっていけなかったのがちょっと痛かったですね。
・来週までになにを修正しましょうか?
練習は金曜日に1回のみで、それまでは個人でやる選手はやるしって感じですが。チーム練習では…シューティングかな。シュートが入らなすぎる。シュートが入らないから動きも悪くなるんですよね。(#3)立花がボールを持っている時間がちょっと長かったりとかもありますが。まぁ、負けるときはこんなもので、悪いところばかりでるので。悪い時に打開できないところがうちの弱いところですよね。
・ベンチの声があまりなくて、活気がない印象があります。
今年は若い選手たちがベンチで声を出すのかなと思ったら、逆にベテランたちが結構声出してて、ちょっと想定外でした。
・これで2敗になりました。
上位に入るには負けられないですよね。なんとか頑張ります。
 
 
〇日立金属 75 (14-8  19-10  19-15  23-22) 55 三井住友海上●
 
日立金属 #3宇佐美 勝也
※3戦目でリーグ戦初勝利をあげた。
・ようやく勝ちましたね。
とりあえず。まだ負け越してはいるのですが、この1勝をきっかけにしてって感じですね。
・先週はコーチが手の施しようがないといっていた状態でしたが、どう修正しましたか?
練習でやったことが出せていないっていうのはみんな言っていたのですが、練習でやってきたことをどう出したらいいのでがみんなわからずにやっていたっていうところがありました。今週は簡単なところからって感じで、試合前の調整の部分ですよね。長時間の移動と会場入りが早いっていうことで、そこから身体を動かして、しっかりと練習と同じ状態で試合に臨もうとやっていた中で、みんな試合序盤から結構足が動いて、いいディフェンスができたのかなと思います。
・チームのシステムとしてかなり複雑なことをされているように感じますが。
そうですね…自分としてはすごく頭を使うし、一人が違う動きをするとみんなが混乱をしてしまうというところがあって、まだ今の時期でも練習の中で動きが合わないということも結構あるので、徐々にかなと思います。
・小瀬ヘッドコーチの1年目のシステムが変わった時と似ている感じがあります。
今までみたいに、ディフェンス頑張って、走って、簡単に点を取るっているバスケットがうちに合ってると言えば合ってるのかもしれないですけど、ハーフコートのオフェンスというのがうちの課題でもあったので。速攻とかが出せないときにどうやって点を取るかということをいろいろと考えて、コーチからいろいろとアドバイスを受けながらやっているので、そこを信じてやっていくしかないと思います。
・体力的にきつそうにも見えます。
人数も人数だし、ディフェンスも1試合通してハードにやるっていうのが自分たちのモットーなので、そこは仕方ないのかなとは思います。それに見合うだけの体力を練習でつけていけばいいという感じですね。
・現在2敗なので、上位に入るにはあと一つか二つしか負けられないことはプレッシャーではないですか?
正直今までここ何年もそういう(ギリギリの)シチュエーションでやってきたので、焦りもないです。どこに勝つとか負けるとかではなく、その1試合1試合を勝っていくということを考えていくしかないでしょうね。
・今日良かった点は?
ディフェンスですね。相手が結構元気があって、かなり足もあるので、ドライブだったり、速攻で走られないっていうところを今週はずっと見据えて練習をやってきたので、上手く抑えることができてよかったと思います。
・できなかったことは?
それが1試合続かないってことですよね。第1ピリオドであれだけいいディフェンスができて、第2ピリオドもできたのですが、第3ピリオドで1回やられるとそのあと連続でやられるっていう場面がありました。そこはタイムアウトを取って修正できたのですが、本来は1回やられたところでコート内で修正できれば一番いいかなと思います。
・追い上げられた時に不安はなかったのでしょうか?
それはないですかね。今日はある程度相手のいいところを抑えることができていたというのがみんなの中にもあったと思うので、それを続ければいい試合ができるとわかっていたと思うので、そこは大丈夫だったと思います。
・リードを追いつかれるということが多いように思いますが。
多分他のチームに比べて選手自身の修正力がないのかなと思いますね。コーチの指示待ちっていうところがあって、選手の中でここをこうしようとかっていう人も今のところなかなかいないのかなというところが、そういう(大差を追いつかれる)ことにつながっているのかなと思います。
・リーグ戦中修正していかないといけないですね。
そうですね。うちは練習で5対5ができないので、こういう試合でやっていくしかないので、1試合1試合を大切にしてやっていきたいです。
 
三井住友海上 #5新保 寛人
※2部からの昇格ながら初戦を勝利したが、第2戦とこの第3戦と連敗となった。
・先週不在でしたが、1試合空けて今日の試合でどう感じましたか。
みんな頑張る気持ちがすごくあるけど、ディフェンスのところでその気持ちが若干空回りしている部分があるのかなというのは感じました。力の入れるところが違うというか、行かなくてもいいところを行ってしまったりとかいうのがあって、そこが向こうのやりたいように持っていかれたのかなという感覚はあります。
・チームの状態はいかがでしょうか。
悪くはないのですが、(試合に)入るときにもっと思いっきり行けばいいのですが、少し控えめになってしまうところがあるのは実際のところで、そこはちょっと問題かなと。もっと思いっきりやってもいいのにって思いますね。
・新保選手がいないこともあって、先週はリバウンドが厳しい感じでした。
特に関実の1部とかになるとやはりリバウンドが勝負の分かれ目になるので、そこはもっと意識しないといけないし、どちらかというと中は体張って頑張っているのだけど、周りがもっと反応していかないといけないシーンがこの試合でも結構多かったように思いますね。反応が全部遅いっていうのはありました。
・オフェンスもガチャガチャした感じがありますよね。
うちのチームはいい時はガチャガチャしてもいいと思うんですよね。ただ、今日はどちらかというとインサイドにボールを集めながら攻めていこうというところがあったので、その中でいつもと違う感じだったのでかみ合わない部分はありました。
・インサイドに入れてからの展開が止まってしまっていたように感じました。
(インサイドにボールを)入れた後の展開が上手くいかないというか、うちが外主体のチームなので中を使っていく展開があまりうまくないっていうのがありますね。練習はしているのですが、いつもなら中に入れて日本無線や新生紙パルプ商事のようにスクリーンかけてっていうこともやるのですが、まずは中でやらせようというのがあってああいう感じになってしまったっていうのはあります。結局中でつぶされて終わりっていうのが多かったように思います。もっと球離れをよくして、いい意味でガチャガチャともっとボールが回れば、うちのチームはファウルもらえる選手もたくさんいるので、もっと足使ってやっていければいいですね。
・上位入りのためにも勝っておきたい試合でしたが。
今日の試合の前にはみんなで意識を共有していて、ここを勝っておかないと上位入りは結構厳しいっていうのは話しているので、そこはみんなわかってはいるけど、逆にそこを意識してしまったところもあるのかもしれないですね。うちのチームはあまりそういうことを意識しないで、元気にガンガンやった方がいいと思いますね。
・来週までに修正する点としては?
やることは変わらないのですが、若干個々の意識がかみ合ってない部分があるので、そこはちょっと合わせていければいいのかなと思います。あと、うちのチームは負けている試合でも最後の方になっての頑張りがすごくてそこから追いつけるような流れができるのですが、それを最初からやっていければいいのかなと思います。若いチームですから、元気にやることが一番ですね。
・次勝たないとというのがプレッシャーにはならないですか?
自分は楽観的なんでしょうけど、もしも来週負けて追い込まれたら、それはそれでうちはそこから追い上げていけるなっていうのがあるんですよね。とにかく気負わずに、しっかりと意識をもって、やるべきことをやっていくっていうことですね。
 
 
●富士通 66 (17-20  18-13  19-20  12-21) 74 黒田電気〇
※中盤までは競った展開ながら富士通の流れだったが、終盤富士通のリズムが悪くなり、試合巧者の黒田電気が逆転し、逃げ切った。これで黒田電気は3戦全勝、富士通は3戦全敗となった。
 
 
取材・文 渡辺美香

« 関東実業団リーグ戦2017 男子1部1次リーグ第2戦(インタビュー) | トップページ | 関東実業団リーグ戦2017 掲載のお知らせ »

関東実業団リーグ戦2017」カテゴリの記事

カテゴリー